ランドセル通販ショップランキング

フィットちゃんランドセル

TVCMでもお馴染みの大人気ランドセルメーカーです。メーカー直送なので品質の割に価格が安いのも人気に火をつけた秘訣となっています。パールカラーや刺繍ランドセル、あとはオーダーメイドのランドセル製作も受け付けられています。6年間使うものなので耐久性や機能面が充実したフィットちゃんランドセルは安くて手に入る一押しのランドセルメーカーです。人気メーカーだけあって、対応や特典などが充実しているのも魅力ですね。6年間修理保証書が付いているのも安心です。うちの孫にもフィットちゃんで購入したランドセルをプレゼントしました。近所のスーパーで買う無難なランドセルも良いですが、一味違うフィットちゃんのお洒落ランドセルは孫も大喜びしてくれました!2年後の下の孫娘にもここで買ってプレゼントしようと思っています。

 

 

ハネッセルHP

ランドセルはフィット感が非常に重要です。ハネッセルのランドセルは38段階の調節が可能で、お子さんの体にピッタリとフィットさせることが可能です。種類が豊富な他社とは違い、一点集中といった感じで1タイプのランドセルに力を入れているのがハネッセルです。迷わず購入できるという点でも購入率が高いランドセルの一つと言えます。

 

雑誌やテレビ番組でも取り上げられる事が多いララちゃんランドセルも又、ネット通販で選ばれているランドセルです。機能や耐久性も十分備わっていますし、何よりデザインがお洒落で若いママさんを中心に人気が高いランドセルメーカーです。

 

小学生の子供を持つ親御さんへ

小学生の子供を持つ父親として、気を使いたいのがファッションですね。私もその一人ですが、30代になり私服がとにかくダサいと妻に軽く罵られる事が以前は何度かありました。学生のころから特別ファッションに関心が強かったわけではないので、社会人になっても当然ファッションに気を使うことはなく、嫁がダサいダサいと残念がっていました。しかし、娘も小学生になって授業参観などに行く際に「誰々のパパはカッコいい」とか「誰々のパパはお洒落」とか言うようになり、私も本気でイメチェンしたいと思うようになりました。その結果、私のような特別お洒落に造詣が深くないものでも手軽にイメチェンできる方法を発見したのです。その方法は、ネットのファッションサイトを利用して通販する事です。近所のスーパーで購入すると、どうしても娘の同級生のパパと同じ服になってしまったり、何より地味になりがちです。ネットで通販するとお洒落で手頃な価格で購入できるのでお勧めですよ。小学生のパパを持つ男性はこちらで2,3着持っておくだけでもオフの日は気分一新、家族サービスに性が出せると思います。同じ小学生のパパとしてお勧めです!⇒お洒落メンズファッション通販はこちら

最近では教科書や学校で使うプリントのサイズがB5からA4に変わって、それに伴いランドセルのサイズも変化してきています。ランドセルを購入するときには、A4サイズに対応しているものを選ぶようにしましょう。A4サイズ対応のランドセルといっても、実はいろいろな種類があります。メーカーによって呼び方が違うので、どう違うのかがわかりにくいということもあります。主な呼び方としては、A4教科書サイズ、A4フラットファイルサイズ、A4クリアファイルサイズの3通りです。A4教科書サイズはそのまま教科書がA4サイズがぴったり入る大きさですが、A4クリアファイルサイズは教科書サイズより少し大きくなっています。A4フラットファイルサイズはさらに、横幅が広くなっています。教科書サイズよりも大きい方が、ファイル類の出し入れが楽になりますが、その分重量が重くなるということもあります。A4クリアサイズなら、フラットファイルを斜めにすれば入るので、使いにくいということはないでしょう。フラットファイルに対応しているので代表的なのは「フィットちゃん」です。「フィットちゃん」は一番収納力が高いと言われていて、横幅が233mmもあるので、フラットファイルを入れてもまだ隙間があるので、低学年の子どもでも出し入れしやすいようです。フィットちゃんは重量も1100g以下と、大きさに比べて軽量になっています。ララちゃんはクリアファイルがぴったり入るサイズになります。

ランドセルはどこで買うの?

ランドセル

お子さんの小学校入学が近くなると、学用品をそろえ始めなくてはいけません。文房具は家の近くならどこでも買えるし、体操服などは学校指定のお店などがあります。では、ランドセルはどこで買うのでしょう?だいたいお正月を過ぎると、テレビでさかんにCMが始まりますし、大きめのショッピングセンターなどではいろいろな色のランドセルが店頭に並び始めます。値段を見ると4万〜5万もします。そんなに高いバッグ、お母さんでもなかなか買えませんよね。できることなら安く済ませたいけど、6年間使うものなので品質の悪いものでは困りますから、ちゃんとしたお店で買いたいと思うはずです。では、どこで買うか?おじいちゃんやおばあちゃんに買ってもらう場合、デパートという人が多いようです。デパートは値引きなどしないので、値段はかなり高いと思いますが、おじいちゃんやおばあちゃんがお金を払ってくれるので心配いりません。品質にこだわる人のなかには、工房直営のかばん店などで買う人もいます。最近はインターネットショップも多くなっているので、インターネットでじっくり探して買う人も増えています。インターネットの場合、実物を見て買うことができないので不安になる人もいるようですが、大きさはある程度同じになっていますし気にせず購入する祖父母さんも増えています。評判のショップを選べば返品にも対応してもらえますし、殆どの場合は「品質が悪い」と思う事は少なく、むしろ思っていたより上質で満足するケースが多いようです。私自身もその一人ですね。あと、ランドセルを買う上で大切なことは、どこで買うにしてもちゃんとアフターフォローしてくれるかどうかということです。6年間使うものなので、修理をしてもらえるお店がおすすめです。

ランドセルの賢い選び方は?

小学生の女の子

最近のランドセルは種類だけでなく、色や柄が豊富で選ぶのが大変になってきています。値段もピンからキリまでで、値段の違いがどこにあるのかも素人には分かりにくいものです。ランドセルの選び方としてしっかりチェックしておきたいのは、色やデザインはもちろんですが、耐久性や使い勝手、背負いやすさ、重さ、素材、安全性、値段といったところです。まず、色やデザインの選び方としては、6年も使い続けるものなので、ランドセルを使う本人が気に入ったものでなくてはいけません。ただし、子どもが今見てかわいいと思っても、高学年になったころには恥ずかしくて背負えなくなってしまったということがないよう、先々のことも考える必要があります。先々のことを考える上で大切なのが耐久性です。最近は、子どもの背中にフィットするタイプのランドセルが多く発売されています。登下校で毎日背負うのですから、背中にフィットしていないと痛い思いをするので、フィットするかどうかも大切です。使い勝手の選び方としては、A4サイズの本やノートが入るか、持ち運び用の取っ手がついているかなどをチェックしてみましょう。最近は超軽量モデルなどもあるので、重さのチェックも必要です。素材については、牛革は高級感がありますが、軽さや雨に対する強さなどを考えると、人工皮革も人気があります。安全面についても、さまざまな工夫がされているので、よく見比べるといいでしょう。最終的にはお財布と相談…ということになると思いますが、予算内でよりよいものが買えるような選び方をしたいものですね。

ランドセルを誰が買うかでもめる?

ランドセルを持つ男の子

子どもが小学校にあがるときに、ランドセルを誰が買うかで父方と母方のおじいちゃん・おばあちゃんがもめたという話をよく聞きます。昔から、孫が生まれると初節句の時に雛人形や五月人形をどちらかの祖父母が購入してあげるという風習が日本にはあります。これも、男の子の場合は跡取りなので父方の祖父母が買って、女の子の場合は母方の祖父母が買うという考え方や、男女関係なくどちらか一方の祖父母が全部買うという考え方など、地方や家によってさまざまです。昔は祖父母が買うのは初節句の飾りくらいでしたが、最近は少子化のせいか、小・中・高の入学時にランドセルや鞄、学生服、自転車などを購入してあげるケースが増えているようです。どちらの祖父母にとってもかわいい孫ですから、両家で買ってあげるといって、誰が買うかでもめることも多いようです。なぜかそういう時になると、祖父母はお互いに意地を張ったり、対抗心を燃やしたりするんですよね。孫へのプレゼントを誰が買うかでもめた時には、お嫁さんが上手に間に入ることが大切です。両方の顔を立てておかないと、後々までもめることになりますから、どちらも買いたがるようであれば、ご主人の両親にランドセル、お嫁さんの両親には学習机を買ってもらうというようにすると丸く収まるのではないでしょうか?また、両親に甘えるのが申し訳ないと気をきかせて、自分たちで全部揃えるという人もいますが、孫へのプレゼントを楽しみにしている場合もあるので、まずは相談をすることが大切です。

このページの先頭へ戻る